スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
幸せだから笑うんじゃない 笑い合うから幸せなんだ
先日の大地震から2週間以上経ちましたね。
みなさんの周りは少し落ち着かれたでしょうか?
私の住む地域では計画停電の対象から今のところ外されているので停電の方は
経験していませんが、先日東京の水に関して乳児の対する水の規制がかかった
こともあり近所のスーパーやコンビニには水が消えました。
翌日には規制も解除となりましたが、以降ずっと水不足のままです。
解除されたとはいえ皆さん不安ですよね。

とはいえ私だって自分はともかく子ども達には出来るだけ口させたくないです。
でもそれだって限度があるし、食事の支度をするにしてもお米を炊くにしても
みそ汁を作るにしても水道水使っちゃってますけどね。

ただただ、身を危険にさらしながらも必死で作業されている方達に感謝し、その方達の
安全を祈り、そしてこれ以上被害が広がらないことを祈るだけです。



                                       


実はこの前の週末、ライブに行ってきました。
ここでも何度か話に出てきててお友達は知ってると思いますがYONEちゃんのライブです。
もう去年からチケットを取り、ずっと楽しみにしていたライブです。
でもこの大地震があり、もしライブ中にまた大きな地震があったら、ということを
考えるとそんな時に自分が子ども達と離れていていいのだろうか、絶対後悔するだろうと
思いました。
それでも予定通りに行われるとなったら行きたいという気持ちも正直ありました。

今のこの日本の状況で色んな方のコンサートや催しものなども中止や延期になっている
ものも多く、YONEちゃん自身もすごく悩んだようです。
ライブを決行するにも中止にするも賛否両論。
きっと私がライブに行ったということも賛否両論あると思います。

でもYONEちゃんは歌うことを選び、私をその歌を聞きに行くことを選んだ。

少しづつ余震も少なくなってきたから。
今回ライブをやる会場が渋谷で、もしまた大きな地震が起きて交通機関がストップしても
自宅まで歩いて帰れる距離だったから。
子ども達を見てくれるのが旦那ちゃんだったから。
この時期多忙な上に今回の地震で更に忙しくなってしまった旦那ちゃん。
夜も遅くまで仕事して帰ってきて休日出勤もしてました。
もし休めなかったら義父母に見てもらえばいいよ、なんて言われましたが旦那ちゃんが
見てくれるのと義父母が見てくれるのとじゃ安心感が違いますから。
でもちゃんと私の予定に合わせて休んでくれて、何も言わず「いってらっしゃい」と
いつものように送りだしてくれた旦那ちゃんがいたから。
こうした私の中の不安要素がクリアになったからです。

私以上に悩んでいらした方もたくさんいたはず。
結果来られなかった、という方もいたはずです。
でもいらしてたみなさんはただYONEちゃんに会いたい、歌を聞きたい、というだけ
このライブに集まったんじゃないと思います。
色んな思いを胸に抱いていらしたんだと思います。

ライブ自体も節電に心掛け、照明も楽器等に使う電力も最小限。
会場のエアコンも切ってのスタートでした。
途中何度か空調が入り涼しくもなりましたが、みなさん汗をふきふき拍手を送ってましたよ。


このライブ数日前に書きあげたという「message」という歌を歌ってくれました。
よくいう被災地の人達に向けた歌、というだけではなく私達1人1人に向けた
messageだったと思います。
力強く歌ってくれたその歌の中に

幸せだから笑うんじゃない 笑い合うから幸せなんだ

という歌詞がとっても心に響いてて、今日の日記のタイトルにさせてもらいました。

他の歌詞はぼんやりとしか覚えてませんが、もう1度この「message」を聞いてみたいなぁ。

先日の日記にも人との繋がりって大切だなぁと書きましたが、人間1人じゃ笑えないですよね。
漫画やテレビを見て1人クスッと笑うのとは違う。
相手がいて、同じ思いを共有する。
友達だって夫婦だって親子だって、相手が笑う姿を見るからこそ嬉しくて楽しい。

今は子育てが1番それを感じます。
子ども達が笑い合うのを見るのが嬉しい。
ちょっとしたことでプリプリ怒ってても子ども達が笑うだけで「ま、いっかぁ」と
許してしまう。

小さな幸せだけど、かけがえのないものなんだって改めて思います。


このライブでたくさんのパワーをもらってきました。
色んな事のあった3月も明日でおわり。
やらなきゃいけないことがいっぱい待ってるのでそろそろ重い腰をあげなきゃです。

春はもうすぐ。
ガンバロウ。






こちらのランキングに参加しています。ポチッっとお願いします(^‐^)

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村






スポンサーサイト
今できること。
ここ数日の計画停電ですが幸いにも今のところ我が家のある地域では
まだ1度も実施されていません。
毎日時間をチェックし停電がきても大丈夫なように家事をこなし子ども達にも
電気がお休みするかもしれないと伝え不安がらないようにしています。
昼間の停電はなんとかしのげそうですが夕方~夜にかけての停電はやはり心配です。

懐中電灯は防災用品として用意してはありますが、小さなものなので少し流通が
落ち着いたら大きいものも用意しておかないとと思います。
(すぐにでも欲しい気持ちはありますがドコも品切れ状態ですしね)

近所の小さなスーパーに買い物に行ってもカゴいっぱいに品物を入れレジに並ぶ人達。
からっぽの商品棚。
そんな光景につい自分も買っておかなきゃ、という強迫観念に襲われるけど
冷静に考えれば乾麺だってカップ麺だって野菜だってそれなりにあるし
それらを使えば十分に食べられる。
買いだめをする人が1人ずつでも減っていけば少しずついつもの流通にも
戻っていくはずです。
いつもの食卓より1品少ないとしたって、その調理する時間がたった数分でも台所で
使用する電力だって使わないですむ。

今の自分にできること。

やはりすぐ出来るのは節電でしょうね。
普段暖房なんかは全くつけていないのですが、こうして意識しているとつい電気を
つけっぱなしにしたまま違う部屋行ったりしちゃってました。

例えそれがどんなに小さなことでも対象地域に住む人達が行えばかなりの電力に
なるはずです。
現に17日夕方から行われると予想された大規模停電も一部の地域だけの停電のみで
大規模停電は見送られたようですからね。

そしてまだまだ余震が続いていますね。
引き続き気を付けていきましょう。


                                    



今回この大地震によって本当に人との繋がりをありがたく感じることができています。
子ども達が生れるまで近所には友人も知り合いもいないという生活をしてきました。
旦那ちゃん以外、マンションの管理人さんや清掃のおばさま達にご挨拶をする程度で
隣近所の方ともすれ違いざまに挨拶する程度で日中誰とも話さないなんて日もざらでした。

でも子ども達が生れてから双子ということもありマンションのご近所さんだけでなく
いつも通るお散歩コースのお店のおばちゃんやお兄さん、スーパーのレジのお姉さん
などなど私達親子に声を掛けてくれお知り合いになった方々多数。
そして同じ歳ごろのお子さんを持つママ友も。

最初の地震が起きた時一緒だったママ友がゆうが泣いてたのを心配してメールをくれ
1人で2人をみるのは大変だろうから何かあったら知らせてね、とウチより小さい
お子さんを持つママさんなのに・・・と1人ウルウルしてしまいました。
地震後、近所の顔馴染みの方々にも「大丈夫だった?」と声を掛けていただきました。

自分1人で子育てしてるんじゃないんだなぁと改めて実感。

本当に人との繋がりって大事ですね。



こちらのランキングに参加しています。ポチッっとお願いします(^‐^)

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村












みんな元気です。
11日の地震。
本当に大きな地震でこんなに怖いと思った地震は初めてでした。

地震の時、子ども達と一緒にいつもの「おでかけひろば」で外遊びをしており
そろそろ帰る時間になるので片付けを始めようといた時でした。
数人のママさんと子ども達が一緒だったのですぐにお庭の真ん中に集まり
揺れがおさまるのを待ち、おさまったようなので部屋に戻り帰り支度をしている時に
2度目の地震。

その後子どもたちと家に帰りましたが、自宅に入ると棚の物が落ちて散乱。
子ども達もそれを見てショックだったようです。

でも子ども達が生れる時に棚などには耐震対策に突っ張り(?)をしてあったので
大きな被害はなかったです。

旦那ちゃんと両実家と連絡がなかなか取れませんでしたがようやく無事を確認。
旦那ちゃんはその日千葉の柏に仕事に行ってて、職場の人と一緒に車で東京に向かうと
連絡がつき、都内に入った所で電車に乗り換えて夜中1時過ぎに帰ってきました。
私と連絡がつかなかった義実家は9時頃車で様子を見にきてくれました。

私の実家の方は築35年近くなるので家の周りの塀が一部崩れ、屋根瓦も落ちて
しまったということですが母も姉も無事なのでよかったです。

12日の午前中には友人・知人と連絡がとれみんな無事だったので安心しました。
私を心配してメールをくれたお友達、ありがとう。


テレビに流れる映像は本当に日本なのかと疑いたくなるような映像ばかりです。
心が苦しくなるほど。
直視できないくらいですが現実を受け止めなくてはいけません。
子ども達の笑顔を見られること、ご飯を一緒に食べて一緒に寝ること。
その当たり前のことがとっても幸せなことなんだって改めて感じました。

自分に出来ることってなんだろう。

常にそう考えてしまいます。




被害を受けられた地域のみなさま。
みなさんやみなさまの家族がどうか御無事でありますように。
お亡くなりになられた多くの方のご冥福をお祈り申し上げます。



こちらのランキングに参加しています。ポチッっとお願いします(^‐^)

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村









1週間イロイロ。
またもやお久しぶりになってしまいました。
この1週間なんだかバタバタ過ごしててゆっくりパソコンを開くことが出来なかったです(^_^;)

これは旦那ちゃんのお休みの日に私の眼科に付き合ってもらったんだけど
すごく混んでたので受付の方に順番近くなったら携帯鳴らしますよ~と
言っていただいたので近くにあるコピスで時間潰しをしてる時の写真です。
ロッククライミング。
キッズスペースにロッククライミングが出来るようになっている柱に果敢に挑戦するはる。
何回かやっているうちに1人で登れるようになっちゃいました。
下にはふかふかのマットが敷いてあるし、もちろん後ろにには旦那ちゃんが待機してます。
彼女の運動能力、やはりタダモノではない!?
旦那ちゃんも
「ちゃんと三点支持(字あってるのか不安)が出来てるよ!教えてないのに。」
と驚いてました。
ゆうはもちろんオシリを支えながらでしたが頑張って挑戦してました。

そして週末は義実家へ遊びに行ってきました。
ここのとこ旦那ちゃんもお休みが取れないし、お休みがあってもそれぞれの用事なんかを
優先しちゃうのでなかなか義実家にも行ってなかったので気がかりだったんだけどね。
先月も私の実家へ帰省してたし、そろそろ顔見せに行かなきゃな・・・と旦那ちゃんに相談
しようと思っていた矢先に義母から会いに行きたいとメール。
その日もお断りも出来ず来てもらったけど、会いに来てもどうやら家に遊びに
来て欲しい感じだったので旦那ちゃんは仕事でいないけど3人で行ってきましたよ(-_-メ)

ばぁばが作ったお雛様と一緒に。
ばぁばと。
どーしてもこのお雛様と一緒に記念写真を取りたかったばぁば。
しかも「3歳!」と指を3本立てて欲しいというご希望付き。
えーっと、まだ3歳になってませんけどね(^_^;)
最近写真撮るとなるとふざけたりするゆう。
この時もなかなか撮らせてくれなくて苦労しました。

で、3時か4時くらいには帰ってこようと思っていたら家に着いたのは既に5時30分(-_-;)
多分疲れて帰ってくるだろうと(←私が)見越して夕飯の準備をしていって正解だったーっ。
あとは仕上げとするだけだったのでマッハでお風呂入れて、夕飯食べさせて・・・
7時30分には寝てました2人共(^_^;)

そしたら週明けから2人共鼻水止まらず、ゆうはいつも風邪引くと夜ひどい咳を
するんだけど今回も案の定咳で何度も夜中起きるし
私も今週に入り花粉症の症状がひどいのと私も風邪ひいたのか久しぶりの頭痛。
辛かった(T_T) 
ま、これは1日で治ったからいいけど花粉症がひどくて困ってます。
出産して最初の年は引きこもりしてたし、去年もそこそこの外出だけで済んだけど
今年はそうもいかず。
覚悟はしてたものの・・・・・辛すぎます(>_<)

お昼寝しない日は早寝してくれるし添い寝落ちもしないので自由時間も比較的
出来てるけどおかげでミシンをやる気力もなく。

あぁ早くすっきりと楽になりたいデス。




こちらのランキングに参加しています。ポチッっとお願いします(^‐^)

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村














着物を着てお祝い。
今日はとーっても寒い桃の節句となりましたね。
子ども達の大好きなお雛様も残すところあと1日のお姿となりましたよ。
子ども達が生れて10カ月、1歳10カ月と毎年お節句の時にはお宮参りで
着た産着をこうやって着せてきたので今年も着ました。

去年は10カ月の時に裾上げしたつんつるてんのまま着せてしまいましたが(笑)
今年はちゃんと裾を直しておいたのでちょっと長め。
着付なんてちゃんと習ってないから適当に着付けているので家の中だけということで
ご愛嬌です(^_^;)
お着物です。
それでも子ども達も喜んで着てくれたので嬉しかったです。
着物を出してくると「ママのは?ママのは?」と聞いてくる子ども達。
さすがに私は着替えませんが今年の七五三の時は一緒に着物着たいなぁと思いました。
私の着物も置き場所がないのですべてまだ実家に置きっぱなしなので
今のうちからどれがいいか母に相談しなきゃ~。

こちらはちょっとセピアにして撮影してみました。
これだけでもちょっと雰囲気違うなぁ・・・。
お雛様。

一番上の写真にちょこっと写っているのはお雛様プレート。
去年のお節句の日、はるが夕方ぐぐっと熱が出て夜間救急に連れていき
バタバタしてしまいちゃんと作れなかったのでリベンジ!と思っていたんだけど
午後になって義父母が顔を見に行きたい、と連絡が入りゆっくり作れる時間が
なくなってしまい私的に残念なお雛様に(-_-;)
でも子ども達、このプレートを食卓に並べたら「うわ~っ(゜o゜)」と
びっくり喜んでくれました。
もうちょっとちゃんと作りたかったけど喜んでくれたのでちょこっと載せ
ちゃいました♪
来年こそは再リベンジなるか!?




こちらのランキングに参加しています。ポチッっとお願いします(^‐^)

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村







泥んこ双子。
私の好きなミモザの花が咲き始めました~♪
ミモザの季節。
自宅の庭にミモザの花。 憧れです。
↑の写真、もちろん我が家じゃないですよ~。
いつものお散歩コースで通るおウチにあるミモザです。


さて。
我が家のふたごっち、いつも行く「おでかけひろば」では別名「泥んこ兄妹」と
呼ばれております。
そんな泥んこ兄妹、久しぶりにお目見えです(笑)
泥んこ日和。

え?よく見えない?
じゃぁもうちょい、ぐぐっと寄ってみましょう。
泥んこちゃん。
先日土曜開催だったんですが、スタッフさんのお子さん(小学生)が午前中思いっきり
スコップで川?を作成。
冬の間は外のお水は使わないでいるんですが、これを見たらうずうずの2人(笑)
お昼を食べたらもちろんお外にGO!です。

長靴を履いているとはいえ、深みのある所には足は入れない約束だったんだけど、
さすがにぬかるんでいるのでツルッとしてゆう、片足ドボン
長靴新調してまだ数回して履いてないんですがね・・・心の中で嘆く母(-_-メ)

泥水が入って嫌がるゆう。
じゃぁもう裸足で遊びな、嫌ならもうお部屋に入ろう、と言ったら裸足になるなる~♪
と言ってはるまで裸足(-_-;)
裸足・・・(^_^;)
まぁこの日は比較的暖かい日だったので少しなら裸足でも大丈夫だったけど、
でもまだ絶対冷たいだろうと思われます。

しかしほーんとに夢中になって遊んでくれるので、とことん泥んこにおなり、と
寛大になれる私。
この時一緒に見ていたスタッフさんとお話したんだけど、去年ここで泥んこを始めた時
とりあえず泥にまみれて遊んでた2人を見て成長すれば上手に遊べるようになるはず、と
思ってたけど、1年経って上手になった上に更にダイナミックさが加わったので
私の予想を超えるレベルアップ?になっちゃってます~、なんて笑って話ましたけどね(^_^;)
ホント泥んこ遊びの達人!?です(笑)

この後作ったお兄ちゃんが壊されて「コラーッ」と怒って威圧的に言われちゃって
はるが泣きだしてお部屋入るって言い出したので泥んこ遊び終了。
もうちょっと遊ばせてあげたかったんだけどね。

もう少し暖かくなったら本格的に泥んこ遊び開始だな~。



こちらのランキングに参加しています。ポチッっとお願いします(^‐^)

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村













プロフィール

 hana

Author: hana
♪東京都在住
♪好きなコト・・・ハンドメイド
         料理・食べ歩き
♪2008年4月に男の子と女の子の双子を出産しました。
 今はまだ子育てをしながらハンドメイドはなかなか出来ませんが
 育児の合間に少しづつ作っています。
               

最近の記事
最近のコメント
黒ねこ時計 くろック D
カテゴリー
リンク
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
FC2アフィリエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。